なろうダラ読み感想記

主に『小説家になろう』で面白かったWEB小説の感想をぼちぼち。コメディ・アクション寄り。俺TUEEEとかノリがいい物多めです。良い厨ニ大歓迎。

誰にでもできる影から助ける魔王討伐 [カクヨム]

※※第1回カクヨムWeb小説コンテスト で大賞を受賞されています。
[主人公最強][効率主義][僧侶][力技][特殊異端殲滅教会][シリアス][コメディ][残酷描写]

誰にでもできる影から助ける魔王討伐
誰にでもできる影から助ける魔王討伐

作者:槻影

魔王クラノスが人類に宣戦布告して十年。
強大極まりないクラノスの軍に劣勢に立たされ、退っ引きならない状態に陥った王国は教会の持つ禁断の秘奥、英雄召喚の実施を決定した。

召喚された聖勇者、藤堂直継の栄えあるパーティメンバーにプリースト(ヒーラー)として選ばれた俺は、残りのパーティメンバーとして選ばれた二人、魔導師と剣士が原石であり、まだ第一線で戦える実力にない事に気づく。
果たして俺は魔王からの尖兵をしのぎ切り、勇者とその仲間達をレベルアップさせることはできるのか!?

主人公    ★★★★★
サブキャラ  ★★★★★
世界設定   ★★★★★
物 語    ★★★★★
文章構成   ★★★★★

 

ひたすら僧侶(プリースト)のアレスが苦労と忍耐を重ねるお話。
勇猛というより無謀…をさらに突き抜けて暴走を続ける勇者と、世間知らずのお嬢様メンバーからなる魔王討伐。
もはや口から出てくる言葉は神への悪態と、上司への愚痴(報告)のみ。
果たしてアレスはポンコツ勇者を真の勇者へと変えられるのか?

メイスを片手に胃薬・頭痛薬要らずの最強ヒーラーが、フルボッコしつつ奮闘しますw

すでに書籍化している『堕落の王』の作者さんだけあって、面白楽しいです!!
キャラクター描写が相変わらず素晴らしい! 

 

Prologue:集まる英雄たち

「アリア・リザース。剣士だ。流派はミクシリオン流。まだまだ修行中の身だが、魔王討伐の一員として選ばれて光栄だ。何分迷惑をかけるかと思うが、よろしく頼む。レベルは20だ」

「お父さんは剣王ノートン・リザース?」

 胸をガン見しながら質問する。いや、ガン見したくないのだがどうしてもそちらに視線が……
 アリアは自らの胸を隠すかのように腕でかき抱き、強めの口調で答えた。

「ああ。だが、父と私の実力とは無関係な事だ。偉大な父だとは思っているし、尊敬もしているが私と接する時は一人の人間として接して欲しい」

「……ああ」

 何だこのメンバー。悪意が見えるぞ。

 剣王の娘でレベルが20? 中堅レベルじゃねーか。
 親父連れて来いよ、親父。しかも、剣王の娘なのにプラーミャ流剣術ではなくミクシリオン流。
 剣術の二大流派とはいえ、プラーミャ流の最高師範が父親なのに異なる流派を選んでいる辺り、どこか臭う。
 あのたった一人で魔族の軍勢数百と対等に戦ったという馬鹿げた伝説を持つ剣王の実子だ。才能自体はあるんだろうが、魔王を討伐するという重責を負うには……弱すぎる。

 貴族の第三子に剣王の娘。
 勇者のレベルが低いのは仕方がないといっても、やる気がないと判断せざるを得ない。
 三人の平均レベルが15、15である。王都で探してもそれより平均レベルが高いパーティはいくらだっている。
 そして、それら長年、魔境を探索して研鑽したパーティが手も足も出ないのが魔王という存在なのだ。

 いくらなんでも、この平均レベルで魔王討伐は自殺行為のようにしか思えない。

 俺がレベルを聞いて水を差したのが悪いのか、リミスがつり上がった目つきでこちらを見上げた。

「で……あんたの自己紹介は?」

「すいません、ちょっと電話してきていいっすか?」

小説投稿サイト『カクヨム』― 作品ページ


同作者作品

転生→召喚 〜勇者の前は魔王軍やってました〜

[主人公最強][ふざける為なら手段を選ばない主人公][シリアス][コメディ][残酷描写]

作者:猫倶楽部

忌狩佑都(いみかりゆうと)は日本人としての死を遂げた後、魔王軍の最高幹部として転生していた。しかし敵の襲撃を受けたある日、今度は勇者召喚にも巻き込まれて魔王を倒してくれとお願いされる。これから波乱万丈の冒険が待っているかと思いきや、ユートは着いた王城でつぶやく、「暇だ」と。これは力を隠した魔王軍幹部が周りを巻き込みながらも魔王を倒しに行く……話?シリアスと見せかけコメディ有り。笑って興奮してニヤニヤしたいあなたにオススメ。

主人公    ★★★★★
サブキャラ  ★★★★★
世界設定   ★★★★☆
物 語    ★★★★☆
文章構成   ★★★★☆

 

初っ端からやってくれてますw 終始ふざけたノリで話が進むので、好き嫌いは1話で判断できるかとww
いや、そうだろうなと思ってたけど、魔王様真剣だったのにw

主人公はダークな部分もありますが、むしろそれも含めて面白いと思います。どう転ぶか分からないところが楽しいです。

(…とあるゲームにキャラがそっくりと叩かれているようですが、できれば気にせず書き続けて頂きたいです。)

 

厨二でカオスな勇者召喚

「分かりました!僕にどこまで出来るかわからないけどやってみますよ!」


「ええっ!……じゃあ私もやりますよもう!封印されし力を解き放ってやります!ね?真衣ちゃん?」


「……逃げ場が無い」


「真衣ちゃんも大賛成だそうです!」


 三人はついに折れたのか賛成を口にする。それでもまだアリス達が顔を上げないのはユートの答えを待っているからだろう。自然と香世達三人の視線もユートの方へと向かう。目が合った佐藤は何かを伝えるかの様にコクリと頷く。それを見たユートは頬を赤らめて自身の肩を掻き抱いた。すると佐藤は首が千切れる程横に振った。どうやらユートが想像していたことと佐藤が言いたかったことは違ったようだ。こんどは顎で早くしろとユートを促す。彼は仕方ないと一つため息をつくとアリス達に近づいた。


 そして両手を上に掲げたかと思うと、二人の頭目掛けて振り下ろした。


――スパパーンッ!


 乾いた音が部屋中に鳴り響く。突然の衝撃にアリスと王は頭を上げた。すると丁度ユートと目が合う。


 彼は一つ神妙に頷くと佐藤を指差して言った。


「アイツがやれって言いました」


 ガチャガチャと兵達が動く音が部屋からは漏れだしていた。

小説投稿サイト『小説家になろう』― 作品ページ


おすすめ小説

最強魔法師の隠遁計画

[主人公最強][指導][万能の天才][異能][暴食なる捕食者][軍隊][魔物][魔法][国家]

作者:イズシロ

 100年前、突如として魔物が現れ人間を襲いだした。当時、通常兵器では魔物の硬質な身体に傷を付けることすらできず、人類はその数をあっという間に減少させ身を守るかのように7カ国に併合する。魔法の技術が軍事転用されたことで進行を妨げることに成功したが、未だ種の存続が掛かる異形の魔物との戦い。その最前線で常に命を賭けていたアルス・レーギンは軍役を満了したために16歳という若さで退役を申し出た。だが、そんな彼を国が手放すことができるはずもない。アルスは10万人以上いる魔法師の頂点に君臨する一桁ナンバー【シングル魔法師】なのだから。 王道ファンタジーだと思います。修正、12/13 3部2章までを完了。

主人公    ★★★★☆
サブキャラ  ★★★★★
世界設定   ★★★★☆
物 語    ★★★★☆
文章構成   ★★★☆☆

 

出だしは、王道というより、なろうの最強主人公テンプレートといった感じで、
既存作品がいくつか頭によぎると思います。本領を発揮するのは中版からです。
国家間の絡みや暗躍するテロ組織、存亡の危機に値する魔物の出現。
学園内ではよく分からなかった主人公の立場もはっきりしてくるので、各キャラクターの関係や展開に目が離せなくなります!
それまでが長い(笑)ですが、話の切り返しやテンポは良いので、読みやすいと思います。最初のヒロインには「こいつ魔法乞食か」と思うこともありしたが、後から素敵なヒロインやカッコいいおっさんがいっぱい出てくるので、……というかすごいなおっさん・熟女率w 総督のベリックに、元上司のヴィザイスト卿、学園長、学園長の師匠と平均年齢出すとすごいことにw

 

7カ国会合 Ⅳ

“「アルファ国は第40回7カ国魔法親善大会の開催を承認します」

 元首のみが持つ王印を分厚い羊皮紙に押し、そのまま円卓の上に置く。
 シセルニアはそっと回す。内側はスライド式になっているのだ。
 異論がある場合は王印を押す前に申し出る。その都度元首が王印を押すまで吟味するという形態を取っている。
 つまり、シセルニアには異論はないということだ。
 続いてルサールカのリチアと次々に承認印が押されていく。
 リチアが王印を押し回す手を躊躇い口を開いた。

「そう言えば今年はアルス殿も出場されるとか」
「――――!!」

 声にならない驚愕が元首だけでなく、魔法師にも見て取れる。
 それにシセルニアは何か? という顔で答えた。

「アルスも今年学院に入学したのだから、当然の権利ではなくて?」
「誰も出場を取りやめろとは言っていませんのよシセルニア。ただやはりシングルの名を冠する魔法師ですから他の生徒に何かあってはと思いまして」

 その考えに背筋に冷たい物を伝わせる各国元首。
 それに対してはアルスが答えた。

「それでしたら、シングルの名を冠する私を信用してはいただけませんか? 万が一にもそのようなことは起こりません」
「……! いえ、アルス殿の力量を疑ってではないのよ!?」

 リチアが慌てて否定する。
 アルスは微笑を浮かべ。

「承知してますよ」

 その言に他国の元首も胸を撫で下ろした。怒りを買ったかという恐怖からの安堵か、大会で生徒の安全という言質を取ったからのものなのかはわからない。

小説投稿サイト『小説家になろう』― 作品ページ

 


おすすめ小説

 

広告を非表示にする

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)

[体力チート][肉食系女勇者][ギフト][東の勇者][階層喰い][お金][恋愛][案内人ギルド][思惑][打算]

作者:鯖の助

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。それは、迷宮探索及び攻略を目指す冒険者たちの手助け――道案内兼荷物持ちを生業とする者たちの総称である。タイロス迷宮でシェルパとして活動しているロウは、若いながらも腕利きのシェルパとして高い評価を受けていた。半年前に父親を亡くし、幼い妹と二人暮らしとなったロウだったが、王都で勇名を馳せている勇者“宵闇の剣”がタイロス迷宮の攻略にあたることになり、有無をいわさず巻き込まれることになる。

主人公    ★★★★★
サブキャラ  ★★★★★
世界設定   ★★★★☆
物 語    ★★★★☆
文章構成   ★★★★☆

 

案内人(シェルパ)のロウと、女勇者ユイカ・パーティによる命がけダンジョン攻略。
基本コメディなものの、社会的地位や権力、金銭が絡み、お互い利用しているシビアな面も面白いです。

ブコメ的には、迷宮より先に攻略された勇者の、肉食女子覚醒か~ら~の~見事なカウンター攻撃にニヨニヨが止まらないですねw
箱入り娘だから妙にずれてて微笑ましいのに、バーサーカー気味なところを見ると、苦労するロウの将来像しか見えてこないというw 何気にユイカ金使い荒いしな~。

 

(3)

“マリエーテは人見知りする子供である。
 見た感じ、美人だが怖そうなお姉さんであるユイカに対して、最初は警戒心を抱いていたが、すぐに危険な人物ではないと判断したようだ。
 兄の雇い主であることも理解したのだろう。珍しいことに手まで繋いで、頑張って町のことを案内した。

「あの店の野菜はしなびてることが多いって、お兄ちゃんが言ってるの」
「ふむ。気をつけよう」
「ここのお肉屋さんは、いいのとわるいのを混ぜてるから、買っちゃだめ」
「……」

 もの言いたげな目を、ユイカはロウに向けた。
 ロウとしては自分がもし迷宮から帰れなくても、ひとりで逞しく生きられるように教育してきたつもりなのだが、他人に説明するようなことでもないので、何も言わなかった。

小説投稿サイト『小説家になろう』― 作品ページ


おすすめ小説