なろうダラ読み感想記

主に『小説家になろう』で面白かったWEB小説の感想をぼちぼち。コメディ・アクション寄り。俺TUEEEとかノリがいい物多めです。良い厨ニ大歓迎。

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)

[体力チート][肉食系女勇者][ギフト][東の勇者][階層喰い][お金][恋愛][案内人ギルド][思惑][打算]

作者:鯖の助

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。それは、迷宮探索及び攻略を目指す冒険者たちの手助け――道案内兼荷物持ちを生業とする者たちの総称である。タイロス迷宮でシェルパとして活動しているロウは、若いながらも腕利きのシェルパとして高い評価を受けていた。半年前に父親を亡くし、幼い妹と二人暮らしとなったロウだったが、王都で勇名を馳せている勇者“宵闇の剣”がタイロス迷宮の攻略にあたることになり、有無をいわさず巻き込まれることになる。

主人公    ★★★★★
サブキャラ  ★★★★★
世界設定   ★★★★☆
物 語    ★★★★☆
文章構成   ★★★★☆

 

案内人(シェルパ)のロウと、女勇者ユイカ・パーティによる命がけダンジョン攻略。
基本コメディなものの、社会的地位や権力、金銭が絡み、お互い利用しているシビアな面も面白いです。

ブコメ的には、迷宮より先に攻略された勇者の、肉食女子覚醒か~ら~の~見事なカウンター攻撃にニヨニヨが止まらないですねw
箱入り娘だから妙にずれてて微笑ましいのに、バーサーカー気味なところを見ると、苦労するロウの将来像しか見えてこないというw 何気にユイカ金使い荒いしな~。

 

(3)

“マリエーテは人見知りする子供である。
 見た感じ、美人だが怖そうなお姉さんであるユイカに対して、最初は警戒心を抱いていたが、すぐに危険な人物ではないと判断したようだ。
 兄の雇い主であることも理解したのだろう。珍しいことに手まで繋いで、頑張って町のことを案内した。

「あの店の野菜はしなびてることが多いって、お兄ちゃんが言ってるの」
「ふむ。気をつけよう」
「ここのお肉屋さんは、いいのとわるいのを混ぜてるから、買っちゃだめ」
「……」

 もの言いたげな目を、ユイカはロウに向けた。
 ロウとしては自分がもし迷宮から帰れなくても、ひとりで逞しく生きられるように教育してきたつもりなのだが、他人に説明するようなことでもないので、何も言わなかった。

小説投稿サイト『小説家になろう』― 作品ページ


おすすめ小説